技術情報

技術資料(2)

SEOFの光部品は、光ファイバカプラ、導波路型スプリッタ、光ファイバフィルタ等の、光を分岐・結合及び分波・合波させる機能を持った高性能な製品です。

さらに、光ファイバコード等の蓄積したノウハウを応用させ、お客様のニーズにあった光モジュール製品を提供しています。

急速に進展している光通信システムに対応する新しい光部品/光モジュール製品の開発を進め、より高性能な製品を提供していきます。

光ファイバカプラ

2本の光ファイバを融着・延伸することにより分岐または分波・合波の機能を持った製品です。

分岐
50:50~99:1まで任意の分岐比を設定できます。
※タップカプラは不等分岐(99:1~60:40)のタイプです。
広帯域(WBC)カプラは2波長(1310/1550nm)に対応したタイプです。
※その他の波長もご相談に応じます。
分波・合波
50:50~99:1まで任意の分岐比を設定できます。
※タップカプラは不等分岐(99:1~60:40)のタイプです。
広帯域(WBC)カプラは2波長(1310/1550nm)に対応したタイプです。
※その他の波長もご相談に応じます。

光分岐モジュール ケース収納例

光分岐モジュール内には、様々な光部品を組み合わせる事が可能です。
上図は、PLCスプリッタとWDMカプラとフィルタ入りコネクタを組み合わせた例です。
ページの先頭へ