2017年4月の記事一覧

タフライトコードは可動部でも使用デキルんです。

タフライトコード(高強度コード)は折れにくいだけで無く、可動部でも使用可能です。
±90度の屈曲試験で100万回の耐久試験をクリアしました。(試験方法:JIS C 6821)



さらに高屈曲をご希望の場合はタフライト可動用ケーブルをご提案いたします。
なんと1000万回の屈曲試験を実施してもファイバが断心することはありません。

光ファイバは弱い、屈曲部では使用できないとお悩みの方々、
是非当社自慢のの高強度シリーズをご検討下さい。

詳しい説明をご希望される場合は「問合せフォーム」よりご連絡下さい。
Page Top