FA機器向けに最適?

こんにちは!開発担当のTです。
今日で2015年の折り返しです。うるう秒ももうじきです。
わたしの好きなアーチストにさだまさしさんがいますが
彼の今年の日めくりカレンダーの言葉が
「あっという間に 今年の半分が過ぎるね
  結果を出すには ここからの頑張りだね」と書かれてました。
区切りは大切ですが、継続が結果を導き出すのだなあと自分自身に
カツをいれて、、ご紹介するは。。
タフライトコード もうすでにSEOFの顔になっていますが
この光コードの特徴を生かせる場所や製品が
FA(ファクトリーオートメーション)の分野や現場では無いでしょうか?

タフライトコードは側圧に強く、極端な曲げでも中のガラスファイバが
折れにくい製品です。このコードの外皮(ジャケット)の特徴として
「曲げ癖がつきにくい。」「復元性がある。」があります。
一般的なPVC(塩化ビニル)やPE(ポリエチレン)の外皮では
一度曲げてしまうと癖がつきもとには戻りません。
タフライトコードは外皮がゴムのように弾力性があり元に戻ろうとします。
この特徴から屈曲曲げに非常に強く、同一カ所の曲げ試験でも100万回
以上ロス一つしません。

FAの分野ではケーブルシャフトなどでケーブルを摺動させて動かすことが
あります。そんな時にもタフライトコードならばロボットケーブルと一緒に
使用することも可能です。また動力源のそばでもノイズの影響は光ファイバ
ですので皆無です。

詳しい話や、タフライトのことはこちらまでお問い合わせください。

Page Top