会社情報

環境方針

[ 基本理念 ]
SEIオプティフロンティア株式会社は「持続可能な環境負荷の少ない社会を構築していくことが重要である」との認識のもと、地球的な視野に立った環境保全活動を継続的かつ着実に推進しながら、環境に配慮した光ファイバコード、ケーブル・光機器関連等の製品およびサービスの提供を通じて社会に貢献する。
[ 環境方針 ]
  1. 埼玉・湘南・諏訪地区は、S(安全)E(環境)Q(品質)C(価格)D(物流・納期)D(開発)を強化し、組織の状況に応じた環境経営を推進するため、三地区の指標と環境目標を設定し環境パフォーマンスを向上させる。
    その活動内容を自主的にレビューし、継続的な改善を推進する。
    1. (1)事業活動に際しては環境への影響を含む組織の状況に配慮し、環境負荷の低減を進める。
      ①省エネルギーなど地球温暖化防止への対応を進める。
      ②省資源、リサイクルを進める。
      ③環境汚染予防を進める。
    2. (2)環境に配慮した製品の提供を拡大し、顧客要求への対応を進める。
      ①製品含有化学物質管理の構築に向けて取り組む。
      ②製品アセスメントを進める。
  2. 環境マネジメントシステム運用の強化と拡充を進める。
    • 組織で働くまたは組織のために働くすべての人に対して環境方針を周知させるとともに、環境保全に対する意識向上のための教育を行う。
    • 内部監査を実施し、環境マネジメントシステムおよび環境保全活動をレビューし、維持向上に努める。
  3. コンプライアンスの維持に努める。
    • 法令、条例およびその他の順守義務を順守する。
  4. この環境方針は要求に応じ一般に公開する。

環境保全への取り組み

  1. 省エネルギーの推進
    空調機の更新、高効率照明の採用など、省エネ設備投資のほか、事務所、工場の照明の適正化、空調温度の適正化など、省エネルギーの推進に積極的に取組んでいます。
  2. 省資源、リサイクルの推進
    事業活動にともなって排出される廃棄物のリデュース(Reduce=発生抑制)、リユース(Reuse=再使用)、リサイクル(Recycle=再資源化)を推進する「3R」に取組んでいます。また、工場で主に冷却水として使用される水の使用量削減にも取組んでいます。
    工場の改善・品質向上などを進め、資源の消費と廃棄物発生を抑制し、地球環境への負荷低減を図っています。
  3. 環境に配慮した製品の提供
    製品含有化学物質の管理の推進と製品アセスメントの実施により、環境に配慮した製品を提供して行きます。
  4. 当社は住友電工グループの一員として環境に配慮した製品の供給を継続し、グリーン調達を推進しています。
    ガイドライン他関連資料は以下のリンクよりダウンロード下さい。
    なお、ご利用にあたっては事前に適用する基準、ルールおよびそれらのバージョンをご確認下さい。

    購入品グリーン品質ガイドライン (ver.6)[日本語_PDF 226KB]
    SEI化学物質管理基準 (ver.2.0a)[日本語_PDF 357KB]
    含有化学物質基準 新旧対照表 (ver.1.0→ver.2.0)[日本語_PDF 96KB]
    取引先評価票・非含有保証書 (ver.6a)[日本語_ZIP 22KB]

    お問合せ先は以下の通りです
    本社・横浜事業所、湘南事業所…安全環境部 TEL.045-853-7230
    埼玉事業所…………………………安全環境部 TEL.048-559-2151
    諏訪事業所…………………………安全環境部 TEL.0266-62-3155

各事業所での環境保全取り組み事例

埼玉事業所では

ハイブリッド照明と植栽

埼玉事業所では、省エネルギーおよび温室効果ガス排出量削減を目的に社員の憩いの広場(新生広場)に、太陽電池と風力発電によるハイブリッド照明装置を2基設置しました。

また、関係子会社が所在する県の木も植栽し、構内の緑化と、CO₂の吸収に少しでも役立てようとしています。

さらに、植栽の周囲には、「エコクリーンソイル」と呼ばれる、土が主成分で有害物質を一切含まず、廃棄した時は土に戻り、ある程度固形化しているが浸透性と保水性に富んで雑草が生えにくいという特徴を持った土を採用しています。

生物多様性保全への取り組み

諏訪事業所では

諏訪事業所は長野県諏訪郡富士見町にあり、冬季には-10℃まで下がります。

以前は暖房器具として灯油ストーブを使用し化石燃料を消費していましたが、環境省エネ、省資源対策として、灯油ストーブに変わる環境に優しい信州型ペレットストーブを導入しました。長野県による信州型ペレットストーブ開発事業で長野県内メーカの開発品であり地域技術と県内間伐材を有効使用し、化石燃料使用削減、不要な伐採の抑制を目的にされたものです。

不要な伐採は二酸化炭素抑制への弊害と伐採近辺土地環境を悪化させてしまいます。
当社諏訪事業所は地域密着型・資源循環型企業を目指します。

ペレットストーブの特徴

  • 燃料は、間伐材を粒状に形成された物。化石燃料を使用しない。
  • 間伐材は長野県内にて伐採された物。資源の有効利用。
  • 蒔きストーブのような煙が出ない。水分を飛ばしてペレット化されており、燃焼温度が高く煙が出ずCO₂発生も殆ど無い。
  • 燃やした後の灰もほとんど出ず、良質の土壌改良剤として大地に還元出来ます。
ページの先頭へ